物知りレーシック情報ちゃんねる

レーシックの手術を受ける前のこれらが検査になるのでしょう。

 

レーシックを患者が受ける事が可能なのか、それとも不可能なのかのこの時受ける検査の結果により判断がされているのです。

 

しかしどういった検査がさせられるのか手術前の検査と言い聞かされても気になるんですよね。

 

それでレーシックの手術を受けるにあたり、ここでさせられる検査は視力測定が行ったり、現在の目の状態をはかるなどの総合的検査が行われている。

 

コンタクトレンズをいつもされてる方がレーシックの手術を受ける場合、着用をレーシックの手術を受けるための事前の検査の前に中止する必要があるのです。

 

全身の健康状態のチェックもまた目の総合的な検査の他にも、されこれの検査結果を受けまして、その結果レーシックの手術が可能かどうかの判断がさせられるためす。

 

コンタクトレンズをふだんからしてる人がレーシックの手術を受けるための検査をした場合、何故かといわれれば角膜の表面の歪みが手術前の検査結果に大きな影響をもたらす実現性があることからなんです。

 

ではコンタクトレンズを普段からさている人がレーシックの手術を受ける場合、コンタクトレンズの着用をその前の検査が行われているいつ頃前から中止したら良かったのだろうか。

 

手術をする前にレーシックはあらゆる検査を受け、そうして医師と初めて患者とのインフォームドコンセントがされてレーシックの手術を受ける事が可能になるんです。

 

実在のレーシックの手術を受けるまでの流れをここでは把握をしておくこと。

 

必ず事前に必要な検査をレーシックの手術を受ける前には受けないそしたらならない。

 

・検査前3週間以上;ハードレンズのコンタクトレンズを使い始めている場合・検査前2週間以上:ツールレンズのコンタクトレンズをつかいている場合レーシックの手術を受ける前の検査で正確な結果を得るためには次みたいに上記にあげた期間コンタクトレンズの使用を中止し、目を正常な状態に戻しておく必要があげられます。

 

 

 

トップへ戻る